スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OTIS REDDING

8/17江の島虎丸座のtheFOLKLESライブでカバーする曲を
少しづつ紹介しているが

なるべくみなさんが知ってる曲、聴いたことある曲をやらないと
今回のカバーの趣旨をライブで伝えるのはすごく難しいと思うのだが
オレ自身が歌ってみたい曲なら尚いいわけで
選曲するのにいろいろと考えた。


今回のカバーでチャレンジしたいこととは

まず最初に、そこに来てくれたみなさんが楽しめること
楽しませること。

オリジナルでそれをやればいいのだが
せっかくの夏のお祭りみたいなイベントなんだから
そこに居合わせたみんなが楽しめるように
聴いたことある曲をやる。そこにどれだけtheFOLKLESらしさをのせられるか?
なのだ!!

洋楽を選曲してるので、そのまま英語で歌えばいいのかもしれない。

でもみなさんも聴いたことある曲に
こんな日本語の歌詞を載せてしまうの?

って部分をtheFOLKLESの武器として
表現するということが大事だと思っているのである。

今回の出演者の顔ぶれを聞いて
他のバンドさんがやらないことをやろう

たとえ思いついたとしても
普通はやらないことをやってしまおう

と思ったのが今回のカバー趣旨なのである。

凄くバカバカしい歌詞を載せたし
思いついたとしても恥ずかしくて出来ないのが普通だと思うが
そのバカバカしいことに
真剣に取り組むバカバカしさを楽しんでいるのが
オレの本当のところだ。

オレがカッコイイROCKが大好きで
それしかやってこなかったとしたら
切腹してるような潔さ
すがすがしいほどのバカバカしさを
たった1回のステージで伝えようとしてるのだから
これはかなり難しくバカバカしい挑戦なのである。

そして、オレの中ではかなりポピュラーだと思ってる曲
みんな知ってるだろうと思ってる曲をチョイスしてるつもりだが
必ずしも来てくれたみんながROCK好きとは限らないし
音楽は好きだけど古き良き時代の曲はあまり知らない
という方も多いはず。

なので少しでも多くの方々に
このバカバカしさをライブでお楽しみいただこうと

普通はしないネタばらしを事前にしている
というわけなのさ

さてさて、そんなみなさんが知ってるであろう選曲を考えながらも
オレ自身が歌ってみたかった曲も
やらせていただきたいというのもありまして

今回の選曲の中では
みなさんにあまり知られていないというか
ROCK好きな人なら知ってるんじゃないかと思う
曲を1曲チョイスしました。


それが、タイトルにもある
OTIS REDDING オーティスレディングの曲なのであります。

この曲ではありませんがこんな方です。


60年代に活躍したソウルシンガーで
なんといってもこの人のシャウトが好きなのです。

このシャウトに憧れて
歌を始めたって言ってもいいくらいに
リスペクトするシンガーなのです。

このオーティスの

『HARD TO HANDLE』
という曲をカバーします。

この曲はブラッククロウズもカバーしてるので
そっちを知ってる人が多いんじゃないか?

オーティスのこの曲の映像はなかったので
ブラッククロウズバージョンとボガンボスバージョンと
原曲(音だけ)を紹介します!!

今回載せた日本詞も下に載せときますね!!
1番2番の歌詞はそこそこ空耳っぽく書いてますので
原曲を良く聴いてね☆







Hard To Handle 
words:ユウジ

Baby! 気合いだ!甘くねぇよそんなに
厄介すぎる女の そのグッとくる微笑み 
かなり挨拶グッドほら また愛が溢れ出そう
恋愛の眼中 同意のフレンド 願ってれば咲くかも

ボーイフレンド3人はいる 誰に会ってても関係ないさ
それならそれで何の問題もないさ、想定の範囲だ!しょうがねぇ

役所勤務、硬い仕事柄 テンション低くてリアル
あんな奴なんて やめちまえ 歌にあるぜ テレサテンの
できません、のめません、アホはすぐ出るとこ出せ
あっさりとカードで選ぶ不倫 そういうことだろ確実に

法にふれんな3年は飛ぶ やりきれなくなったんなら
オレだけ信じて、夢と愛をそのまま さぁ想像の彼方へ急げ

Baby!ねぇ?知らねぇ?オレの可愛くしおらしい
厄介で手間がかかるけど 結構いやらしい
昨日の夜を昨夜言うなら今日の朝は今朝
そんくらい前から姿見えなくなり気がかり

ボーイフレンド何人もいる その誰かと会ってんなら
それならそれでちゃんと言わなきゃダメさ 状況の判断がつかねぇ









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

★いらっしゃいませ★

プロフィール

ヤマモトユウジ

Author:ヤマモトユウジ
3月2日生まれ A型

ドラマー
ボーカリスト
として活動中

町田ThePlayHouseの
ブッキング担当


JET LAG MAKERS【Drs】
(2007.10~)

theFOLKLES【Vo&G】
(2012.3~)

THERE SHE GOES【Vo&G】
(2010.10~2016.4)

VESSE【Drs】
(2015.12~)


◇◆◇◆ライブスケジュール◆◇◆◇

★JET LAG MAKERS★
2017.1.14 渋谷La-mama
2017.2.11 町田ThePlayHouse

★VESSE★
2017.1.19 東高円寺U.F.O.CLUB


★theFOLKLES★
2017.1.15 町田 The Play House
2017.1.21 渋谷 SONGLINES

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。