スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THERE SHE GOES ライブ決定!!

there1.jpg


2012.9.30(日)
横浜THE CLUB SENSATION

adv ¥2000+1D / door ¥2500+1D
open 18:30 

【出演】
THERE SHE GOES (弾き語り)
Cloud Number Nine


=======================================================

ハイ!いきなりですが決まりました!
弾き語りやります。


THERE SHE GOESとしては
4月のザーザズー以来ですので
5か月ぶりです。

the FOLKLESで夏のシリーズライブをやってるので
なかなか一人でやる機会もなかったのですが

グリコさんからお誘いを受けたので
いろいろ考えたすえ
一人でやってみたくなりました。

9/15の江の島のライブが終わったら
the FOLKLESは
通常どおりの3か月1本ペースに戻すので

一人で歌うこともしようと考えてた時期だから
グリコさんのお誘いがうれしかったので
頑張ってやろうと思います。

共演はMARIKOがやってる
Cloud Number Nineと演ってみたく
お願いしたら
即OKしていただけたので
楽しい夜になりそうです。


みなさん、なんとか都合つけて
遊びにきてください。

チケット予約は

yuji_information_yuji@yahoo.co.jp

にて受付中!!


よろしくお願いします☆☆
スポンサーサイト

8/18 PHOTO

先日、18日のthe FOLKLES
渋谷SONGLINES
『ミューズとブランチ』

ご来場いただきましたみなさん
ありがとうございました。

その日のPHOTOを
ミューブラスタッフさんから
いただきましたので少しだけご覧ください。


DSC_0416.jpg
ドラムス、ルートトオル氏欠席のため2人で演奏

7月の田町、国立とおバカなことをやりすぎたので
今回はテーマが『マジメ』

なのでまずはカタチから
メガネをかけて登場!!スタイリッシュ・フォークルズ☆

1曲目はTHERE SHE GOES(ユウジソロ)でよくやる
『FLOWERS』 からスタート


DSC_0555.jpg
2曲目は、フォークルズこの夏のピックアップナンバー
『待ちぼうけ』

おバカ要素はこの曲だけで終わり

DSC_0526.jpg
3曲目、Super Butter Dog の名曲 
『サヨナラcolor』 をカバー

ともっけのギター1本で歌いました。

DSC_0519.jpg
4曲目はフォークルズ定番
『あの娘はマッシュルーム』
をエレキ1本とブルースハープで演奏

DSC_0579.jpg
最後に、BO GUMBOSの名曲
『夢の中』を歌いました。
ともっけはすでにメガネに耐えられなくなったご様子

オレは最後までマジメを貫きました。



DSC_0563.jpg


the FOLKLES 『夏のイカサマ』と題して
4本のライブを組みまして

1本目の田町Caffe STILE LIBEROでは
ルートトオル氏欠席のため
代わりにMARIKO(from JET LAG MAKERS)に
ベースで参加してもらい

『新旧文通物語』がテーマで
ロックの基準を遥かに超えたおバカソングで
失笑を浴び


2本目の国立地球屋では
いつもの3人で完全アウェイへおバカ全開で殴りこみ
ボッコボコにされて帰ってきて


3本目はユウジ&ともっけの2人で
ホームなのにおバカをひかえめカロリーオフ


さて、次回ラスト4本目は
どうするつもりなんでしょう?



江の島という場所でシリーズラストが飾れるので

派手にやりたい!!


というのがまずあります☆

4人編成のバンドにしよう

というアイデアが真っ先に浮かびました。


フォークルズは3人とも神奈川生まれの神奈川育ちなので

江の島でライブをやるとマギーさんに聞いた時

『絶対、演らせてください!!』

とメンバー全員テンションあがっちゃうってもんで

神奈川県民言えども
江の島でライブをやったことがない!!


オレらと同じように
江の島でテンションがあがっちゃうベースマンを呼ぼう!!

神奈川県出身のベーシストはいないかな?と
振り返ったらいました!!


MARIKOがいるじゃないかぁ!!
目の前に


というわけで

1本目の田町にも参加してくれた
MARIKOを迎え
4人編成で演奏します。

『夏のイカサマ』シリーズ最終戦には
もってこいのメンバーでお贈りしますよ!!


ということで何をやったとしても
オレらはテンションあがっちゃうことは間違いないので

ハイテンションでやってもいいものと
『湘南』をテーマに考えていきます!!



次回、『夏のイカサマ』最終回
たくさんの方のお越しをお待ちしております。

早いところ
チケット予約をしてくださいね!!
売り切れちゃうかもしれないよ☆





チケット予約はこちらから



========================

9.15(土)
江ノ島 虎丸座


ミューズとブランチVol.16番外編スペシャル

『 ミューズとディナー 』
~江ノ島サンセットで君の瞳に乾杯~

open 16:00/start 16:30

TICKET: ご予約¥3,500 / 当日券¥4,000
(通常価格と異なりますので予めご了承ください) 

ビュッフェ ディナー1プレート¥500 別途必要
(drink代は含まれておりません)

[act]
Maggy☆Francois
千の神
Mild Julian One
オギノタカヒコ
the FOLKLES
リリーはラブスパイダー
らいむらいと
aircode

ホスト:Maggy☆

※小学生以下入場無料
※会場内禁煙
※今月のカクテル有り
※全出演者によるセッション予定

※チケットご予約後のキャンセルは出来ませんので、
 予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

★チケットの予約受付開始:7/22(日)0:00~予約受付〆切:9/14(金)23:59まで


こちらの専用フォームから



***今月のカクテル***
◎カクテル◎
---詳細未定---

※ビュッフェのご予約はございません。
当日入場時に受付カウンターにてチケット代と合わせてご清算のほど宜しくお願いいたします。

※ご予約が定員に達した場合チケット受付販売終了となりますので、
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。


8/18 渋谷SONGLINES

昨日のthe FOLKLES

渋谷SONGLINES
『ミューズとブランチ』

ご来場のみなさん
ありがとうございました。


会場入りするときは
すごい雷雨だったのに

スタート前にはあげって
とてもいい天気になりましたね☆

写真 (4)







7月~9月は
『夏のイカサマ』というシリーズで
ライブをやってるthe FOLKLESですが

今回のイカサマは

イカサマその1:3人組なのに2人しかいないじゃないかぁ!!

イカサマその2:いつものエスニックな衣装じゃないじゃないかぁ!!

イカサマその3:今月のカクテルをともっけが考案したと言ってましたが
          考えたのはオレじゃないかぁ!!
          しかもマリブサーフを名前変えただけじゃないかぁ!! 

イカサマその4:『文通しようよ』をやらないじゃないかぁ!!

イカサマその5:おバカソングを『待ちぼうけ』しかやらないじゃないかぁ!!

イカサマその6:その『待ちぼうけ』のキーが半音高くなってるじゃないかぁ!!

イカサマその7:いつもクルマで来るのに電車じゃないかぁ!!




このように
いつものエスニック衣装で3人でおバカソングをやるのが

通常のthe FOLKLESだとしたら

これだけのイカサマをさせていただきました!!


その前にthe FOLKLESという名前なのに
たいしてフォークじゃないというイカサマを
最初からしてますが・・・(笑)


こういうどうとでもとれるネーミングを考えるのは
私の特技の一つだと自負しております。







今回のテーマは

ドラムス ルートトオルさんがマツケン休暇のため

2人でやるということと

7月の2本のライブで
だいぶおバカなことをやったので

箸休め的に

『おバカひかえめ』

でやろうということで

少々甘さをおさえてみました。糖分オフ、カロリーオフ






【SET LIST】

1:FLOWERS
2:待ちぼうけ

3:サヨナラcolor (super butter dog cover)
4:あの娘はマッシュルーム
5:夢の中 (BO GUMBOS cover)




私の性格上

同じネタをずっとやってる芸人みたいのは嫌いで

自分のネタの寿命とかわかっててやってますので

その時その時『旬』なオモシロさを提供していくためには

今回のような
おバカソングひかえめも必要だと考えております。



ですから私に

『文通はどうしたの?』と誰かが言ってきたら

『ハァ?なんの話ですか?』と

なかったことにするなんて、たやすいことなのです。



実際、昔

『文通しようよ』を歌っていた期間は非常に短く

まわりから『おもしろいね!』って言われだすと

サッと引いてやらなくなって
次のネタを考えていたので

この手のおバカソングの使い方をよくわかってるつもりなので


是非、次回はどうくるのか?

楽しみにしてていただきたいと思います



次回、江の島のライブのチケット予約が

the FOLKLES は全然入ってないとマギーさんが言ってました。

来てくれる方、早く予約してね!!かっこ悪いから


よろしくおねがいします。

===============================

9.15(土)
江ノ島 虎丸座


ミューズとブランチVol.16
番外編スペシャル『 ミューズとディナー 』
~江ノ島サンセットで君の瞳に乾杯~

open 16:00/start 16:30

TICKET: ご予約¥3,500 / 当日券¥4,000
(通常価格と異なりますので予めご了承ください) 

ビュッフェ ディナー1プレート¥500 別途必要
(drink代は含まれておりません)

[act]
Maggy☆Francois
千の神
Mild Julian One
オギノタカヒコ
the FOLKLES
リリーはラブスパイダー
らいむらいと
aircode

ホスト:Maggy☆

※小学生以下入場無料
※会場内禁煙
※今月のカクテル有り
※全出演者によるセッション予定

※チケットご予約後のキャンセルは出来ませんので、
 予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

★チケットの予約受付開始:7/22(日)0:00~予約受付〆切:9/14(金)23:59まで

こちらの専用フォームから




***今月のカクテル***
◎カクテル◎
---詳細未定---

※ビュッフェのご予約はございません。
当日入場時に受付カウンターにてチケット代と合わせてご清算のほど宜しくお願いいたします。

※ご予約が定員に達した場合チケット受付販売終了となりますので、
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。








あの娘はマッシュルーム

今週末はthe FOLKLESのライブがあります。

8/18(土)昼12:00から
渋谷のSONGLINESです。


是非とも遊びに来てください。

YOUTUBEに7/14国立地球屋での

『あの娘はマッシュルーム』←ここをクリック

をアップしましたので
ヒマな時に見てくださいね!!


では、8/18お昼
渋谷で待ってま~す☆

===========================


the FOLKLES
『夏のイカサマ』第3弾




8/18(土)
渋谷 SONGLINES


マンスリーデイタイムアワー (毎月第3土曜日)
「ミューズとブランチ Vol.15」

open 12:00/start 12:30
TICKET: ご予約¥2,000 / 当日券¥2,300   
別途 drink ¥500 or 月替わりランチセット¥1,000(drink含む)

[act]
Maggy☆Francois
the FOLKLES
スナック「慶」
ほか

ホスト:Maggy☆


チケット予約はこちらから


※ランチ当日分は売切れ次第終了
※小学生以下入場無料
※会場内禁煙
※今月のカクテル有り
※全出演者によるセッション予定

※チケット、ランチ共にご予約後のキャンセルは出来ませんので、
 予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

★ランチの予約受付:8/12(日)まで
★チケットの予約受付:8/17(金)まで

***今月のランチ・カクテル***
+++メニュー写真少々お待ち下さい+++
◎ランチ◎
A :冷製チキンサラダパスタ・バジルソース
B :サンドイッチのハーフ&ハーフサイズセット
  (ツナグラタン&ハムタマトマト)
どちらも+ソングラインズ唐揚げ&ポテト付き☆

◎カクテル◎
the FOLKLES ともっけ プロデュース =「夏のイカサマ」
マリブ+ブルーキュラソー÷トニックウォーター
~ 一応夏なんで青いのを選んでみました・・・の味 ~


※ランチは当日分(予約なし)も若干数ご用意いたしております。
※ご予約が定員に達した場合チケット受付販売終了となりますので、
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

企画:ーみだれ髪芸能社ー maggy_web@yahoo.co.jp
お問い合わせ:渋谷SONGLINES tel.03-5784-4186

『待ちぼうけ』

the FOLKLESの
7/14国立地球屋のライブから
『待ちぼうけ』←ここをクリック
をYOUTUBEにアップしました。

ひまなときに見てね!!

IMG_1215_convert_20120811231104.jpg

the FOLKLES
『夏のイカサマ』第3弾

8/18(土)
渋谷 SONGLINES

マンスリーデイタイムアワー (毎月第3土曜日)
「ミューズとブランチ Vol.15」

open 12:00/start 12:30
TICKET: ご予約¥2,000 / 当日券¥2,300   
別途 drink ¥500 or 月替わりランチセット¥1,000(drink含む)

[act]
Maggy☆Francois
the FOLKLES
スナック「慶」
ほか

ホスト:Maggy☆



チケット予約はこちらから




※ランチ当日分は売切れ次第終了
※小学生以下入場無料
※会場内禁煙
※今月のカクテル有り
※全出演者によるセッション予定

※チケット、ランチ共にご予約後のキャンセルは出来ませんので、
 予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

★ランチの予約受付:8/12(日)まで
★チケットの予約受付:8/17(金)まで

***今月のランチ・カクテル***
+++メニュー写真少々お待ち下さい+++
◎ランチ◎
A :冷製チキンサラダパスタ・バジルソース
B :サンドイッチのハーフ&ハーフサイズセット
  (ツナグラタン&ハムタマトマト)
どちらも+ソングラインズ唐揚げ&ポテト付き☆

◎カクテル◎
the FOLKLES ともっけ プロデュース =「夏のイカサマ」
マリブ+ブルーキュラソー÷トニックウォーター
~ 一応夏なんで青いのを選んでみました・・・の味 ~


※ランチは当日分(予約なし)も若干数ご用意いたしております。
※ご予約が定員に達した場合チケット受付販売終了となりますので、
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

企画:ーみだれ髪芸能社ー maggy_web@yahoo.co.jp
お問い合わせ:渋谷SONGLINES tel.03-5784-4186

すぐやるのね!?おすすめCDEFG その6

洋楽はあんまり聴かないんだよね!なんて方もいれば

邦楽なんか聴けるかよ!なんておませな方もいるってもんで


でもやはり日本人って奴は
応用するのが上手というのか?

まんまパクっても
日本語載せたらパクったのがわからなくなるというのか?

そういう言い方はどうかと思うが

日本のアーティストを聴くと

どのあたりから影響受けたのか?
それをどのように自分なりに表現するのか?

そこを楽しみに聴くというのがオレにはあるかも!?


まだまだ勉強不足だったころは
その逆で

日本のアーティストを先に聴いていて
後で洋楽を聴いたときに

『あっ!!あの曲ここからきてんだぁ!?』なんて
気づいたりして

それを楽しんでルーツめぐりをしたり

またそれが、自分で曲を書く時の勇気につながったりして・・・



そんなこんなで
ブリットポップは先送りにして

日本のロックの中で
オレがKINGだと思ってる方を紹介させてください。









511v5PLnNqL.jpg
RCサクセション / PLEASE

忌野清志郎さん率いる RCサクセションです。

はじめてRCを聴いたのは中学1年の時に
このアルバムを聴いたんだけど

子供だから、単に歌詞がオモシロイから気に入った。

友達のお姉ちゃんが好きで
その友達の家に行くとLPが飾ってあったので

お姉ちゃんには内緒で勝手に聴いてたアルバム。


ただ、やっぱ子供だったから
その時期はこのアルバムだけで終わり

ちゃんとRCを聴くようになったのは
高校2年くらいからかな?

当時、カバーアルバム『COVERS』が発売中止などの問題があり

音楽番組や雑誌でよく見かけていて
興味を持ったのがキッカケだ!


その話題作『COVERS』は買わずして
手を伸ばしたのがこちら

51hSyXPPMXL.jpg
RCサクセション / RHAPSODY

これも有名なアルバムで
ライブ録音にスタジオ作業を加えたアルバム


このアルバム以前のRCはフォークバンドで


このアルバム録音のちょっと前に
ギター、仲井戸CHABO麗一さんが加入して
バンドスタイルが大きく変わり
エレキへ移行する最初のアルバムとなる。



3112T4QJV9L.jpg
RCサクセション / シングルマン

こちらがフォーク時代の最後のアルバムとなるのだが
実際にはそんなにフォークではなく
1曲目の『ファンからの贈り物』なんかSOULだ!!


このアルバムは1974年に録音されているが
事務所移籍などの問題で
発売されたのは1976年


次のアルバム『RHAPSODY』の発売が1980年なので
この4年間が低迷時期などと言われているが

オレはこの『シングルマン』が1番好きなアルバムだ!!


いい作品を作っても
事務所やレコード会社などの問題で
仕事がなかったりなど

常に
追い風、向かい風が吹いているのがロックだとオレは思う。



後期のRCや
清志郎さんのソロやユニットでは
いろんな社会問題についてなど歌っていて
それも好きだけど

『初期のRCサクセション』から『PLEASE』くらいまでが
1番影響を受けた作品ですね!




RCサクセションを知った後に

オーティスレディングなどの
SOUL MUSICを聴くことになるんだけど

清志郎さんの『ガッタガタガタ』は

オーティスから来てるんだぁ!!と気付いた時は
嬉しかったね☆

SOUL MUSICを聴くようになっていったのも
RCサクセションからの影響が大きいです。



61pPmIcSTBL__SL500_AA300_.jpg
そんなRCサクセションの影響から聴いたアルバムの代表として

STEVE CROPPER / With a little help from my friend


61674upIsOL.jpg
BOOKER-T&THE MG'S / GREEN ONION


まあ、ベタですけどね。

このあたりはRCの影響で聴きました。


さあ、みんな
今すぐAmazonで買え!!


まだやってたのか?おすめすCD その5

もうやめたと思ったかな?

おすすめなんて言うとおこがましいのだが

単に自分が聴いて影響を受けたというか
すごくハマった時期があるというのか

もし、音楽をたくさん聴きたいんだけど
何を聴いていいか?わからないなんて方や

これを読んでくれてる方との
音楽の共通点だったり
わかると楽しいかな?と思って

時事ネタがない時に
これからも書いていこうと思います。



前回、ブリティッシュロックのお話をしたので

やはり、その後のイギリスの
オレが興味を持ったあたりの話をしてみようかと思います。


61UbNjm2+3L.jpg
ジャ~ン!!
The Jam / All Mod Cons
ポール・ウェラー率いる The Jam です。

1977年、イギリスはパンクムーブメントの真っ只中に
デビューしたので
パンクバンドかと思ってる方もいるんじゃないか?と思いますが

たしかに、演奏のアグレッシヴさはパンクっぽくもあるが
オレとしては

モッズリバイバル
としてとらえてます。

特にこのアルバムは
ポールウェラーがスモールフェイセスや
R&Bから影響を受けているのがよくわかる作品。

The Jamはこのアルバムが1番好きです。


The Jam解散後
ポールウェラーは
スタイルカウンシルというバンドを組み

より黒人音楽よりのことをしていくのだが



オレ自身のルーツも

ストーンズから始まり
ブリティッシュロックを聴き

そのバンド達がカバーしてたブルースや
モータウンなどのR&Bを聴き

その延長で
ファンクとか黒人音楽をどんどん聴いていったので

ポールウェラーがそういうことしてくれるのが
嬉しく

師匠のように思ってます。





51YY8CBA92L.jpg

そんなポールウェラーの次の世代といいましょうか
The Jamが解散したころ結成された

THE STONE ROSES / THE STONE ROSES

彼らの1stアルバムだが
これの発表は1989年

ローゼスは結成は1983年で
デビューは1985年なのに
1stアルバムは1989年という

いろいろ試行錯誤して
満を持しての1stアルバムなのである。

このアルバム以前の曲を知らないので
どのように変わったか?わからないのだが

1stアルバムを聴く限り
一所懸命作ったというより

俺達こんな感じだけど
なんか文句ある?みたいな

ルーズでありダンサブルであり
トランス的な要素ありで

DJやるときはついつい選曲したくなるんだが
いかんせん、音が80年代なので
ショボイ。

DJなどによるRIMIX盤が出てるので
それを使ってしまう。

そういうRIMIX盤が出てるってことは
みんな、いいアルバムなんだけど
音がショボイと思ったんだろうね?(笑)


2ndアルバムが発表されたのは5年後で
これはあまりオレは好きじゃなく

失敗作ともいわれていて
この後いろんな問題から解散へと流れていくので
活動期間13年の中にアルバム2枚という

なんだか残念な結果みたいだが

オレはこの1stだけで
ローゼスは

以後のイギリスの音楽シーンに
大きな影響を及ぼしたと

逆にすごいバンドだと思っている。




さて、
この流れでいくと

次はブリットポップの出番かと思いますが

今日はこのへんで☆

また気が向いたら書きます。


さあ、みんな
今すぐ、レコードレンタル友&愛へ行け!!

8/18 渋谷 SONGLINES

昨日、今日と少し涼しいね!!

いかがお過ごしですか?


今月、オレのライブは1本しかありません☆

来週末ですね!!

今回はともっけと二人で
フォークデュオでやります。

割と歌を聴いていただく姿勢で
挑みます。

『夏のイカサマ』ですから

イカサマ=そう来るか!?


でやりますので
7月にやったこととは
ちょいと違いますので
ご期待いただきまして
チケット予約の方をよろしくお願いいたします。


近々、時間があるときに
先月の国立地球屋のライブ映像の一部を
YOUTUBEにアップしますので
楽しみにしててください。

IMG_1307_convert_20120728105213.jpg


the FOLKLES
『夏のイカサマ』第3弾


8/18(土)
渋谷 SONGLINES


マンスリーデイタイムアワー (毎月第3土曜日)
「ミューズとブランチ Vol.15」

open 12:00/start 12:30
TICKET: ご予約¥2,000 / 当日券¥2,300   
別途 drink ¥500 or 月替わりランチセット¥1,000(drink含む)

[act]
Maggy☆Francois
the FOLKLES
スナック「慶」
ほか

ホスト:Maggy☆


チケット予約はこちらの専用フォームから


※ランチ当日分は売切れ次第終了
※小学生以下入場無料
※会場内禁煙
※今月のカクテル有り
※全出演者によるセッション予定

※チケット、ランチ共にご予約後のキャンセルは出来ませんので、
 予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

★ランチの予約受付:8/12(日)まで
★チケットの予約受付:8/17(金)まで

***今月のランチ・カクテル***
+++メニュー写真少々お待ち下さい+++
◎ランチ◎
A :冷製チキンサラダパスタ・バジルソース
B :サンドイッチのハーフ&ハーフサイズセット
  (ツナグラタン&ハムタマトマト)
どちらも+ソングラインズ唐揚げ&ポテト付き☆

◎カクテル◎
the FOLKLES ともっけ プロデュース =「夏のイカサマ」
マリブ+ブルーキュラソー÷トニックウォーター
~ 一応夏なんで青いのを選んでみました・・・の味 ~


※ランチは当日分(予約なし)も若干数ご用意いたしております。
※ご予約が定員に達した場合チケット受付販売終了となりますので、
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

企画:ーみだれ髪芸能社ー maggy_web@yahoo.co.jp
お問い合わせ:渋谷SONGLINES tel.03-5784-4186

まだやってます。おすすぬCD その4

やはり、オレが1番大きく影響を受けているのは
60年代のイギリス

俗にいうブリティッシュロックってやつだ!!

61lagJ4LZjL.jpg
THE ROLLING STONES / BIG HIT

ローリングストーンズのアルバムは
どれが1番いいとか選べないので
とりあえず初期のベストを選んでおくが
ベタすぎてちょっとイヤだ!

オレはブライアンジョーンズが大好きで
(1番手前のマッシュルームカットの人)

昔、オレもマッシュルームカットにしてたのは
まぎれもなくこの人のマネ

ブライアンは1969.7.3に亡くなっていて
ギリギリ参加しているのがこのアルバム

41H1R6QX15L.jpg
THE ROLLING STONES / LET IT BLEED

やはりここまでが1番好き!!

もちろんこれ以降のアルバムも大好きなんだが

60年代という時代のムーブメントが好きみたいだ☆

513yUySydQL.jpg
60年代のバンドでストーンズ以外に大きく影響を受けたのが

SMALL FACES
このアルバムは1st

1969年にボーカルのスティーヴマリオットが脱退して
ハンブルパイというバンドを作ってしまって

残りのメンバーはロッドスチュワートとロンウッドと
SMALL FACESを続けるが
すぐにFACESと名前を変えてしまうので

SMALL FACESというバンドはわずか4年しか
活動がなかったわけだが

彼らがいなかったら
今日までのイギリスの音楽シーンはなかった
といっても過言でないくらい
イギリスのアーティストに大きな影響を与えているバンドだ!!

41U+GpyfNIL__SL500_AA300_.jpg
THE WHO / A QUICK ONE
この時代、もう一つ忘れちゃいけないのが
THE WHO

このアルバムは2ndかな?

オレは正直、3rdの
『THE WHO SELL OUT』までしか好きじゃない!!

どの時代のフーも破壊力抜群だが
60年代の存在感が大好きだ!!

ピートとキースとジョンのアグレッシブなプレイが
目立ちすぎて
ボーカルは誰でも良かったんじゃねぇ?
みたいに見えるとこが
この時代の他のバンドと違って
オレは好きだった!!


オレは1999年から2002年まで

the Que

というバンドを組んで歌っていたが

まさにこの3つのバンドを足して割ったようなバンドが作りたくて

まずバンド名は THE WHO に似てるでしょ?

そんでビジュアル的にはストーンズのブライアン
歌い方としてはスモールフェイセスのスティーヴマリオット
そして演奏はザ・フーのようにぶっ放す

そんな感じにやりたかったんだよね!!

やれてたかどうかは知らないけどね!?


61QsPmSOO9L.jpg
そんで最後に同時代のアルバムから

THE BEATLES / REVOLVER

オレは正直、ビートルズをちゃんと聴こうと思ったのは
25歳くらいからなんだけど

上にあげたバンドが好きだったから
ビートルズは優等生みたいで
聴けなかったんだよね。

でも、ちゃんと聴いたら
1番凄かった!!


ビートルズもどのアルバムも好きだけど
やっぱりこのリボルバーと
1個前のラバーソウルを聴いたときの衝撃は
今でも忘れられない☆



さあ、みんな
今すぐ新星堂へ行け!!歩いて


まだまだやります。おおすすめめCD その3

邦楽、洋楽、新旧織り交ぜて
これが好きならこれもいけるでしょ?的な
流れでご紹介していきましょう。


まずは、

オレの心のどこかにずっといるミュージシャンに

山口冨士夫

通称 冨士夫ちゃん がいます。

凄いコワモテな顔をしてるのに
ファンはみんなこう呼ぶのがなんだか不思議。


そんな冨士夫ちゃんは
グループサウンズ全盛期に

ザ・ダイナマイツ
というバンドでデビューしました。


41673GBKRGL__SL500_AA300_.jpg
↑これです。

『トンネル天国』
は有名な曲だよね!?

後列一番左の
若いころのマイケルジャクソンみたいなのが

冨士夫ちゃんです。


高校の時に
ローリングストーンズを一通り聴いてしまって
ブルースやR&Bに興味を持ち始めると同時に

我が国 ジャパンの
60年代、70年代にも
ローリングストーンズのようなバンドがいるはず

と探していたら
自然と冨士夫ちゃんと出会ったわけです。


417kAuLLVJL.jpg
最初に出会ったのは↑このアルバム
『ひまつぶし』

1974年のアルバム

村八分というバンドを解散後に出したソロ

1曲目の『恋のビート』を聴いて
なんとも言えない適当さと言うのか
ルーズ加減がたまらなく
ぶっ飛んでしまった!!


51zhExe8sYL__SL500_AA300_.jpg
↑そんでこれが
『村八分』
こっちを後から聴いたけど
こっちのやからっぷりの方がぶっ飛んだ!!

曲のタイトルが

『あっ』とか

『んっ』とか

だからね!!びっくりしたよ☆


セックスピストルズよりも先に
パンクしてるんだから凄い!!


まぁ、だから
村八分を聴ける人は
ジョニーサンダースもいけるでしょ!!
41WHH9PH68L__SL500_AA300_.jpg



もっと和風な感じがするが
サンハウスもいけるでしょう!?
31HT0S9C6WL.jpg


そんで
それらを聴いてきた人は
ゆらゆら帝国が出てきた時は
両手をあげて喜んだでしょう!!
71YmtDWTTfL__AA300_.jpg


間違いなく毛皮のマリーズは
これらを聴いてきたでしょう!!
61+A39zNf3L.jpg



まぁ、そんな感じで
どれにも共通するのが
やさぐれたロックンロール!!

18の時に冨士夫ちゃんや村八分にはまったオレとしては

のちに出てくる
ゆらゆらもマリーズも

時代錯誤だがそれがいいし
そうであるべきだ!
とうれしく思いました。



冨士夫ちゃんには

やさぐれたイメージがあるけど

歌を聴いていると
とてもピュアな人だと感じるのは
オレだけでしょうか?

21366H6PVCL.jpg
のちに冨士夫ちゃんは
80年代後半に
TEARDROPS
を結成するんだけど

そのナンバーを聴くと
ピュアさが解かるというのか

『瞬間移動できたら』なんて歌があるが

まるで子供が
どこでもドアがほしいな!って言ってるのと
同じだからね☆


そんな部分もあって

『冨士夫ちゃん』
と呼ばれ、みんなに愛されているんだろうな!?

オレも好きだし。



そんで、
やさぐれついでにもう1枚
niku1.jpg
THE FOOLS / 憎まれっ子世に憚る

これと『RHYTHM&TRUTH』もなかなかな
やさぐれロックンロールだと思うぜ!!


ワイルドになりたい奴は聴いてみな!!


さあ、みんな
今すぐ、ディスクユニオンへ行け!!

★いらっしゃいませ★

プロフィール

ヤマモトユウジ

Author:ヤマモトユウジ
3月2日生まれ A型

ドラマー
ボーカリスト
として活動中

町田ThePlayHouseの
ブッキング担当


JET LAG MAKERS【Drs】
(2007.10~)

theFOLKLES【Vo&G】
(2012.3~)

THERE SHE GOES【Vo&G】
(2010.10~2016.4)

VESSE【Drs】
(2015.12~)


◇◆◇◆ライブスケジュール◆◇◆◇

★JET LAG MAKERS★
2017.1.14 渋谷La-mama
2017.2.11 町田ThePlayHouse

★VESSE★
2017.1.19 東高円寺U.F.O.CLUB


★theFOLKLES★
2017.1.15 町田 The Play House
2017.1.21 渋谷 SONGLINES

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。